エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

テレワークはオーディオブックに悪影響!?

コロナ禍がもたらした、オーディオブックへの影響

昨今のコロナ禍により、オフィスや公共交通機関の密を避けるため
テレワークが広まり、政府もそれを推進する動きとなっています。

新型コロナ:政府、テレワークや移住促進 地方創生で基本方針案  :日本経済新聞

遅刻しないように目覚まし時計をかけて、身支度を整えて、満員電車に揺られ、
オフィスにほうほうの体でたどり着き仕事を開始する、
当たり前のように続けていたワークスタイルが根底から覆ったわけです。

私もご多分に漏れずテレワークとなり、随分と時間の余裕ができました。
少なくとも身支度と移動時間を他の事に使えます。これは本当に大きいです。
あれだけ欲しかった自由に使える時間が、まとまって手に入ったわけですから。

しかし、ふと気が付きました。

オーディオブックを聴く時間がめっきり減ってしまった事に!

私は毎日の通勤途中の電車と徒歩の時間に聴いていました。
その時間はだいたい1時間弱です。

調べによると、オーディオブックを聴く時間で最多なのは
やはり移動時間なのだそうです。

オーディオブックは活字離れに効果的?!オーディオブックを使った人の約半数が「読書する機会増えた」と回答|株式会社オトバンクのプレスリリース

となると、単純に聴く時間の58%が減少。
運動にはジムやジョギングも含まれると考えられる事から、
優に60%以上の時間がコロナ禍によって奪われたと言えます。

これは由々しき事態です。

そもそも、オーディオブックの売りは隙間時間や
ながら時間に聴ける事が売りなので、腰を落ち着けられる時間に
オーディオブック聴くのはもったいない時間の使い方に感じられるのです。

テレワークや巣ごもりによって、
電子書籍はその恩恵を受ける事ができたようですが、
オーディオブックに関してはマイナスに働いているのではないでしょうか。

Daigo氏がオススメする“流し聴き”

そんな中、かの有名なメンタリストであられるDaigoさんが
興味深いオーディオブックの聴き方を提唱されていました。

オーディオブックを使いこなす方法をDaiGoが徹底解説 - ログミーBiz

こちらの記事によると、Daigo氏はオーディオブックを
音楽のようにBGM感覚で常に流しているとの事。
そして同じ本を何度も流して、内容を頭に入れるのだそうです。

これはこれで、ノイローゼになりそうな聴き方ですが、
やはり凡人とは発想が違います。

私はオーディオブックを聴く時は一字一句なるべく聴き漏らしたくないですし、
聴き逃した箇所は巻き戻して聴き直したりしているので、
この聴き方は斬新でした。

正直、私はDaigo氏に胡散臭さを感じておりまして、
ある一冊のオーディオブックを聴いて、その予感は確信に変わったのでした。
(エントリの趣旨からずれるので詳細は述べませんが)

大好きなオーディオブックを聴く時間が激減してしまった今となっては、
背に腹は代えられません。

私も早速、オーディオブックのBGM聴きを実践して、
結果をブログで報告したいと思います。