エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

一週間のニュース(7/6〜7/10)

一週間のニュースの中から私(@en3)が気になったものをご紹介します

7/6

KADOKAWAのマンガやラノベ2万5千冊並ぶ 角川武蔵野ミュージアム、8月1日プレオープン

遠景で見るとまるでマイクラのような建物ですが、本当に建ってしまいました。
東所沢と言う、アクセス最悪な立地に
果たしてどれだけの人が集まるのでしょうか。

角川武蔵野ミュージアム

しかも、オリンピック中止によるインバウンド特需の消滅や、
コロナ禍によって集客が見込めない事など、逆風真っ只中のスタートです。

企画展の入場料は大人1,600円。
本当に行きたい人は炎天下の中駅から10分歩いて、
コロナの危険にさらされながら、お金を払ってでも見に行くのかな。

とは言え、これら複合文化施設は実は仮の姿で、
KADOKAWAのオフィスや物流拠点が本来の姿なので、
それらの影響は実はどうでも良いのかもしれません。

創刊70年の『日販通信』 出版業界情報メディア「日販通信note」を開設 - 文化通信デジタル

猫も杓子も「note」参入してますが、
読者からしてみるとデザインに個性が無くて眺めてて面白くないんですよね。

ただ、少額決済を兼ね備えたメディアとなると
他に選択肢がないのかもしれません。

7/7

SHOWROOM、ファンとアイドルが1on1で話せる「SHOWROOM Meet」 握手・サイン会をオンラインで代替 - ITmedia NEWS

これもコロナ禍によって創出された新たな事業ですね。
コロナ禍によってひどい目に遭っている人がたくさんいるわけですが、
こうして新たな取り組みが発展するのは、数少ない良い傾向です。

握手会だと塩対応が話題になったりしますが、
オンラインだとスクショとか流出しそうなので、
アイドルの方はご注意下さい…。

県をまたぐ観光やコンサートがステップ3で7月10日からさらなる緩和。プロスポーツは無観客から上限5000人へ - トラベル Watch

と、緩和ムードが徐々に広がる中、
東京では新規感染者数が200人を超える日が3日間続いてしまいました。

東京 新たに206人感染確認 3日連続200人超は初 新型コロナ | NHKニュース

全国的に新規感染者数は増加傾向にありますが、東京は突出しています。
都県をまたぐ移動の緩和は悪手だと思いますが、行政は急に止まれない。

7/8

2020年6月ソフト・ハード売上ランキング速報。『あつ森』が4ヵ月連続首位、ハード・ソフト両市場ともに昨年対比4ヵ月連続でプラス - ファミ通.com

4ヶ月連続で首位ってすごいですね。
他に強いタイトルが無いというのもあると思いますが。

私もなんとなく遊んでますが、この「なんとなく」が
ポイントなのだと思います。まさしくスローライフ

後はユーザーの分散化でしょうか。
最新のタイトル以外だけでなく過去の名作に触れられる環境がありますから、
突出して売れるタイトルがなくても、市場自体は盛り上がっているようです。

【新文化】 -「週刊文春」、2020年上半期の実売数4.4%増に

電子書籍が底上げしたのかと思いきや、あくまで紙書籍のようです。
コロナ禍で書店が休業した中でも部数を伸ばしたとか。何で?

7/9

「ニコニコネット超会議2020夏」8月開催決定、スプラ甲子園も - AV Watch

開催意図が掴めないのですが、単なる話題作りでしょうか。
もうリアルイベントの開催をあきらめたようにも見えますが。

ネット超会議の時につくづく思いましたが、所詮ネットはネット。
リアル開催に比べて画的に地味すぎて、話題にならないんですよね。
なので、回数を増やして知名度を維持する作戦なのかもしれません。

小説投稿プラットフォーム「LINEノベル」が8月31日にサービス終了 - CNET Japan

さすがに1年は早すぎると思います。
この辺りにIT企業と出版社の作家を育てると言う気概の差を感じます。

7/10

ライブ・エンタメ業界のコロナ禍での“戦い方”は 有料配信「活路」となるか - SankeiBiz(サンケイビズ)

「サザン」初の無観客有料ライブは、横浜アリーナの収容人数(約1万7千人)の10倍以上にあたる約18万人が3600円のチケットを購入、推定視聴者は約50万人に上った。通常の4割程度のチケット価格ということを差し引いても、「この情勢下、配信が優れた収入源になることを証明した」(芸能関係者)。

もちろん、サザンの人気による所が大きいわけですが、
チケットを6割引にしても10倍以上売れたなら、大成功ですよね。

ライブの需要が無くなる事はないと思いますが、
開催できる状況にないのは明らかな事です。
そんな中、これは一つの試金石になるのではないでしょうか。

エンタメを売る側も買う側も、新様式への対応が早急に迫られているようです。

PS5ソフトのパッケージが初公開 - 電撃オンライン

PS4とほとんど変わらないのね。
お店で間違えて買う人がいなければ良いのですが。