エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

瀧本哲史『伝説の東大講義』、完全オーディオブック化 “再集結の日”6月30日にYouTube Liveで全編無料配信

瀧本哲史『伝説の東大講義』、完全オーディオブック化 “再集結の日”6月30日にYouTube Liveで全編無料配信

これは非常に思い切った企画だと思います。
You Tube Liveとは言え、無料で本編を配信するのですから。

しかも気になったのは、この下りです。

オーディオブック化に際し、瀧本氏の肉声をもとに、口調や声色の再現を目指して制作しており、講義当日の雰囲気を味わいながらお聴きいただけます。

これは類を見ない試みです。
オーディオブック化に際し、audiobook.jpの気概のようなものを感じます。

では、まずはサンプルを聴いてみて下さい。
2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義

続いて、実際にしゃべっている様子を見てみましょう。

「世界とWin-Winな生き方を考える」イベントダイジェスト第一部

うーん、似てますね!
雰囲気を似せて朗読している事がよく分かります。

私はいつもオーディオブックを2〜2.5倍速で聴いているのですが、
今回は倍速にしなくても良さそうです。

瀧本氏はaudiobook.jpの運営会社である
株式会社オトバンクの立ち上げに参画し、社外取締役も歴任されていました。
なので思い入れもこの上なく強いものがあるのでしょう。

また、当然の事ながら瀧本氏の著作は
audiobook.jpにてオーディオブック化されているので、
その一部をご紹介します。

特に「君に友だちはいらない」は、
audiobook.jpに加入して間もない頃に(当時は「FeBe」と言う名前でした)、
そのタイトルのインパクトに惹かれて聴いたのを覚えています。

瀧本氏の名前を知ったのもそれがきっかけで、
本の内容に衝撃を受けて他の著書も聴くようになったわけです。

もう新たな著書を聴くことはできませんが、
折に触れて過去の著書を聴き直して、
瀧本氏のメッセージを反芻したいと思います。

おわりにオトバンク代表取締役・久保田裕也の追悼noteと、
偲ぶ会についての記事をご紹介したいと思います。
改めて、瀧本哲史氏のご冥福をお祈りします。

瀧本さんとの14年|geruge|note

「瀧本哲史を偲ぶ会」を振り返って(上) 武田隆氏 - 産経ニュース

「瀧本哲史を偲ぶ会」を振り返って(下) 武田隆氏 - 産経ニュース