エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

読書・仕事のお供におすすめ!メモ帳5選

こんにちは、en3(@en)です!

皆さんはメモ帳使ってますか?
いつも手元にスマホがあっても、とっさに記録するには
やっぱりメモ帳が手軽で便利です。

一見どれも同じに見えるメモ帳ですが、
微妙に使い勝手が違います。

そこで今回は、文具マニアでもある私が実際に使って良かったと思うもの
厳選してご紹介したいと思います!


ジェットエース A1155

正真正銘の手のひらサイズ手帳が、このジェットエースA1155です。
エンピツが内蔵されているので、一瞬でメモに取りかかれます。

私はこの手帳を家の複数箇所、オフィスの引き出し、ポケットなど、
あちらこちらに忍ばせて、頭の中をよぎった思考が消えてしまわないうち
書き留めています。

ここまで小さいと書きにくそうに見えますが、
慣れれば手のひらを下敷き代わりにして書くことができるので、
それほど問題にはなりません。

すぐログ

こちらもジェットエースに続いてのエンピツ付き手帳です。

優れている点は、ジェットエースが丸エンピツなのに対して
こちらは六角形エンピツなので持ちやすいです。

罫線もジェットエースは横罫ですが、
こちらは方眼罫と、文章やイラストとメモするのに適しています。

表紙の色のバリエーションも豊富で、選ぶ楽しみがあります。
無骨なジェットエースに比べてオシャレな印象です。

ただ、メモ帳の消費量が多い人には、
少々コスパが悪いかもしれません。

ほぼ同機能の両製品ですが、
その理由から私はジェットエースを使っています。

測量野帳 スケッチ

こちらも言わずと知れた手帳のロングセラー商品。
なんと60年の歴史があるそうです!
本当に良いモノは長く愛されるものなのですね。

その名の通り測量の記録のために作られた手帳なので、
表紙が固く丈夫で立ったままでもメモできます

別売りでビニールカバーも用意されているので、
屋外や旅で使う機会の多い方には特にオススメです。

リヒトラブ クリップファイル A5

こちらはメモ帳ではなくクリップファイルです。
どこにでもあるA4サイズの紙を半分に切って挟めば、メモ帳の完成です。

身の回り、とくにオフィスにはA4サイズの紙で溢れています。
コピーの裏紙などを使えばコスパも高いです。

しかも、捨てる紙を再利用しているわけですから、
落書き感覚でメモしても罪悪感がありません。

同シリーズでA4サイズのクリップファイルも販売されています。
私は両方使っていて、書きながら思考を整理したい時など、
大きなスペースな必要なときにはA4サイズを使っています。

コクヨ ノート ソフトリング 80枚 A5 方眼罫

最後はメモ帳ではなくノートです。

これはリング部分が柔らかいので、右利きの方は左ページ、
左利きの方は右ページを書く時にリングが邪魔になりません。
もちろんリングノートですから360度開いて使う事も可能です。

リング部分には細身のペンが入りますし、持ち運びにも便利。

私の場合このノートはお客様との打ち合わせなど、
前述のクリップファイルではカジュアルすぎるシーンで使っています。


以上、私が使って良かったものをご紹介してみました。
どれも本当にオススメなので、参考にして頂けると嬉しいです!