エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

近藤正高著「タモリと戦後ニッポン」

タモリさんの評伝の体裁を取った、戦後カルチャー史です。

多くのインタビューや取材を通して、タモリさんの半生を語りながら
その周辺の文化も知ることができます。
参考文献・資料の膨大さと、著者の綿密な仕事ぶりに感服しました。

山下洋輔をはじめとするジャズ関係者のコメントも興味深く、
私がジャズを聴くようになったのも、この本がきっかけです。

タモリさんの人生観は、ライフハックやビジネスにも応用できる部分が多く、
再生時間は9 時間 33 分と大作ですが、聴く価値はあります。