エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

耳鼻科に行かなくても大丈夫!耳の痒みに効く市販薬!ムヒER

暑い時期の耳のケアに最適!

暑い時期に密閉型のイヤフォンをしていると、
耳の中も蒸れて来ますよね。

私はAirPodsProを愛用しているのですが、
暑い部屋や屋外で聴くのをやめています。

掃除やウォーキングなどの「ながら時間」を
有効活用できないので、オーディオブック愛好家には
夏は辛い時期であります。

それでも先日、耳の中の痒みが止まらず
オロナインH軟膏を塗ったりして誤魔化していたのですが、
それでも治まらず試してみたのが「ムヒER」です。

容器に工夫が施されて入れています

耳などのかゆみに│ムヒER│池田模範堂

パッケージはこんな感じ

容器はこんな感じ

この容器のよく出来ている所は、
フタを開けると綿棒を浸すためのくぼみがあって、
薬を付けすぎないように工夫されているのです。

中心にくぼみがあります

容器のフタをきちんと閉めて逆さにしたあとフタを開けると、
くぼみに薬が溜まっているので、それを綿棒を浸して薬を付けます。

肝心の効き目は?

早速塗ってみると、メントールの爽快感があり痒みを抑えてくれます。
また、薬自体がトロッとしているので、
長く耳の中にとどまってくれているのを感じます。

オロナインH軟膏では治まらなかった痒みが、
ムヒERを塗った途端に和らぎました。
やはり専用の薬じゃないと駄目ですね。
オロナインH軟膏をディスっているわけではありません!)

綿棒よりシリコン製の耳かきがオススメ!!!

しかし、塗っていて疑問が湧いてきました。
綿棒に薬をつけると、そのほとんどが綿棒の中に染みてしまい、
その量が耳に塗るより多い気がするのです。

一度や二度、綿棒を浸したくらいでは染み込んでしまい、
綿棒に完全に染み込んでから、ようやく耳に塗れるようになる感じです。

塗る度に綿棒に完全に浸していては薬がもったいないので、
一度使った綿棒をしばらく置いておいたら、
紙軸の部分までしっとりと濡れていました…。

なので、薬1本使い切るのも結構あっと言う間。
そこでオススメしたいのがシリコン製の耳かきです!

みんな大好きダイソーで買いました

マツキヨでも400円くらいで売ってましたが、
私はダイソーで買いました。100円です。

これなら綿棒と違って薬が染み込まないので、無駄がありません。

綿棒よりは塗りにくいですが、薬が無駄にならない事に比べれば
大したマイナスにはなりません。

塗り終わったらティッシュで拭き取って終わり。
両耳に塗る人は特にしっかり拭き取って下さい。
もしくは2本買って使い分けるのも良いかもしれません。

耳の痒みの原因が真菌だった場合、
耳かきを通じて菌をうつしてしまう可能性があります!

まとめ 

そんなわけで、耳の痒みが治まらないときは
すぐに「ムヒER」のお世話になりましょう。

私はすっかり痒みが治まりましたが、
たまに耳の中がムズムズする時はすぐに塗っています。
耳の中がスーッとして気持ち良いです。

私はマツキヨで1200円くらいで買いましたが、
耳鼻科に通うよりは全然安いです。
ぜひ試して見て下さい。

そして、シリコン製耳かきの用意もお忘れなく!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第(2)類医薬品】池田模範堂 ムヒER 15ml
価格:1320円(税込、送料別) (2020/8/6時点)