エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

「ガイアの夜明け」 広がるゲームの可能性


日経スペシャル「ガイアの夜明け」 12月11日放送
広がるゲームの可能性〜勉強…スポーツ…そして医療〜


主に「ワインのはじめかたDS」と
ゲームを活用したリハビリ治療のお話しでした。


「ワイン」の方は、ゲームの守備範囲が広がる一方で、
それを形にするには、むしろゲーム作り以外のスキルが
問われる時代なのだなぁと思いました。


リハビリ治療の方は、開発者の
「ゲームが心をひっぱって心が身体を動かす」
と言う言葉が印象的でした。


単調でつまらないリハビリ運動も、
ゲームの要素を加える事で心から楽しめるようになり、
やがて身体も動くようになるそうです。


お年寄りにとって、ゲームってとは
どんな存在なのでしょうか?


子供のオモチャと思えば、
下らなくて触りたがらないかもしれませんが、
若者の文化と思えば、逆に興味を持つかもしれません。


お年寄りみんながゲームに興味を持つわけでは
ありませんが、少なくとも子供の頃から
ゲームに親しんでる世代が老人になった時、
リハビリとしてゲームのお世話になるとしても、
抵抗なんてきっとほとんどないですよね。


ともかく、「太鼓の達人」をプレイしている
お年寄り達の楽しそうな表情を見てたら、
ゲームは単なる娯楽ではなく、
人間の生活を豊かにする道具として、
既に定着しているのだなぁと思いました。