エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

「中嶋悟の交通危機管理術」を読んでみた。


中嶋悟の交通危機管理術

中嶋悟の交通危機管理術


中嶋氏が軽妙な口述筆記で、
運転技術について説いてます。


プロでも公道を走る時は、
レース以上に注意して運転するらしく、
読んでて心強い気持ちになりましたが、
同時に運転って結局は危険行為なのではと、
かえって不安な気持ちにもなりました。


内容は初心者向けと言うよりは、
どちらかと言うと既に運転している人が
「うんうん、そうだよね中嶋さん」と、
共感しながら読み進める本なのかもしれません。


運転についての技術的な解説もあるのですが、
初心者にしてみれば、それが出来ていれば
最初から苦労しません…と思えるような下りも多く、
野球に例えるなら、バッターボックスに立った途端、
監督からホームランの指示を出された気分に…。


とは言え、中嶋氏特有の切り口での解説は
参考になる部分も多く、初心者を脱した際に
改めて読むと、読み方が変わるのかもしれません。


もし続編を著す機会があったら、伊東家風に
「割り箸1本で車庫入れが簡単に決まる裏ワザ」
のような、初心者向けの本をお願いしたいです。