エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

小学館 〜意外とカオス〜


先日、「小学一年生」の日記を書くにあたって
小学館のホームページを見たのですが、
あまりのカオスさに動揺しました。


 小学館
 http://www.shogakukan.co.jp/


小学館って赤と黄色のイメージなのですが、
そういうの、関係ないのですね…。


製品ごとにチラシサイトがあり、
全体的な統一感を無視した構造なので、
内部の縦割りぶりが大変よく伺えました。


それでいて「SooK」とか、凝っているのですが、
この技術を玄関ページに使う案とかないのでしょうか…。


ネットの台頭で出版業界は不況なはずですが、
小学館ともなれば、そんなの無縁なのかもしれません。


このネットに対する“片手間感”が、逆に未来永劫
紙の本で儲け続けると言う意志の現れに見え、
さすがは小学館と、かえって頼もしくなりました。


***


なんだか、他社のサイトを評価するのって楽しいので、
またやるかもしれませんw


ちなみに講談社も見てみたのですが、ググった段階で
企業理念が表示されて、やられた…!と思いました。
こういうの良いなぁ。