エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

「生物と無生物のあいだ」読みました。

福岡伸一著「生物と無生物のあいだ」

一言で例えると、「NHKスペシャル」! とっても面白かったです。

単なる科学の解説ではなく、 ストーリー仕立てで書かれているので、 ノンフィクションドキュメントとして楽しめます。

科学用語や、頭の良い著者の語彙が 少々難しいですが、ミクロな世界に潜む 生命のミステリーをじっくり堪能できました。

読み終わった今となっては、 皮膚からはがれ落ちた角質ですら、 いとおしく見えるから不思議です。

なぜいとおしくなるか知りたい方は、 是非お読みになってお確かめ下さい。

以前にお薦めの本を教えて頂いた皆さま、 その節はありがとうございました。

私は読むのが遅いので時間がかかってますが、 読んだそばから感想を書かせて頂きますので、 よろしくお願いします…。

★★★★☆(星4つ)