エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

今朝の日本武道館


本日は東京大学の入学式。
会社が今の場所に引っ越して以来、
サクラの次に楽しみな春の行事です。


4月になるといろんな学校の入学式が
武道館で行われるのですが、
毎日、東大はまだかと待ちこがれてました。


先日も、地味系青年率の高い集団が駅にいたので、
東大かと一瞬だけ期待したのですが、中にスーツに
スニーカーの青年がいたので、絶対違うと確信しました。


武道館の看板には「日本大学入学式」と書かれてました。


東大の入学式は、父兄同伴率が
圧倒的に高いのが特徴です。


自分の子供が東大に入れば、
それは入学式も出席しますよね。


ハンディカムは流石に見かけませんでしたが、
記念撮影はあちこちで行われてました。


武道館前も、他の大学の入学式は職員が
整理しきれないほど混雑して、殺伐とした雰囲気に
なる事もあるのですが、さすがに東大は違いました。


特に指示がなくとも、地下鉄出口に固まる事もなく、
各自が最良のルートをしずしずと歩いていて、
遺伝子レベルでのスペックの違いを感じます。


「1%の才能と99%の努力」言う言葉がありますが、
しっかり統計を取り直した方が良いと思いました。


そんなわけで、今朝は超頭脳集団を横目に、
この中に未来の高級官僚や日銀総裁
いるのだなぁと、思いを馳せながら出社。


東大生のオーラを照射されたせいで、
今日の私はいつもより偏差値が高いかもしれません。