エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

Twitterで縮まる関係


疎遠になってる古い知り合いが
Twitterをやっていることを知ったので、
フォローしてみました。


次々と流れてる、
「○○食べた」「○○に行きます」などのつぶやき。
見てると、時間も空間も縮まった感じがします。


ただ、つぶやかないと意味がないわけで、
そこがTwitterのネックです。


もし、Twitterライフログ的に使うのであれば、
能動的な要素はゼロでなくてはいけないので、
そのあたりは二次装置で補えると良いです。


常駐してて定時的に


・開いているURL
・起動中のソフト
クリップボードの中身
・カメラ映像


などを自動でアップしたり、
ケータイならGPS座標などアップしてくれると、
かなりログっぽくなってきます。


ゲームに絡めるなら、モンハンのギルドカードの
記録なんかがアップされると楽しそうです。
「○○のクエを2死でクリア」とか。


既にXboxは、それに近い装置があるんでしたっけ。


他の二次装置だと、つぶやきの頻度を
可視化してくれるTweetStatsも面白いです。


Twitterが話題になり始めた当時、
亜流の国産品が次々と登場しましたが、
どれも流行ってないのは周知の事実。


今さら新たにTwitter風のサービスを作るのは
とても頭が悪いので、こういう二次装置で
たくさん楽しませて欲しいと思います。