エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

電子書籍デビュー

遅ればせながら、iPod touch
電子書籍を買ってみました。
電子書籍を買うのは、
たぶん初めての経験です。


愛用のアドエスでも
電子書籍は買えますが、
なんか読む気がしないと言うか、
必要性を感じてなかったので
購入には至りませんでした。


買ったのは「ライフ」と「働きマン」。
どちらもタイトルは
聞いたことありますが、
読むのは初めて。


で、肝心の読み心地ですが
ページをめくるように
画面をスライドしながら
スラスラと読めます。


マンガって、
ページをめくるテンポも
作品の良し悪しに関わると思うのですが、
その当たり、
電子化する事での劣化は
ほとんど無さそうです。


お値段は単行本1冊で230円。
このお値段、高いか安いかと言うと、
私は安いと思います。


だって、コミックって
繰り返し読むために
みんな買うんですよね?


だったら何十冊分ものデータを
iPodに詰め込んで
隙間の時間に読めれば、
こんなに便利なものないと思います。


正直、活字を読むには
紙の本が読みやすいですが、
マンガに限れば、
iPodって紙に変わる可能性を
十分に秘めてると思います。


初めて64のマリオをやった時、
なんだか遊びにくいけど、
これからはこう言うのが
主流になるんだろうなぁと思いましたが、
iPod touchでマンガと読んだ後も
同じような印象が残りました。


「ライフ」は何だか
ドヨーンとする展開で、
続きを読みたいとは
思わなかったのですが、
働きマン」は続きを読みたいので、
買ってみようと思います。


街でも駅でも無線LANって使えるから、
買いたい時に買えてしまうんですよね。


そう言えば昔、
ある曲が急に聴きたくなって
駅のホームからダウンロードしたことも
ありましたっけ。
恐ろしや、恐ろしや…。