エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

新しいの、見てきました。


新しいiPod
早速見てきました。


私はshuffle派なので
買う予定はないのですが、
薄いし、持ちやすいしで、
一世代前の「白い恋人
みたいなiPodを買った人が、
かわいそうに見えるほど
素晴らしいデザインでした。


試したかったのは、
動画でもゲームでもなく、
シャッフルプレイ時に
本体を振ると次の曲へ飛ぶ機能。


こう言う、遊び心が
Appleの本質なんですよね。


早速、振ってみると…飛ばない。
2〜3回、強めに振って
ようやく飛びました。


あまり感度をデリケートにすると、
小さな振動でも意図せずに
飛んでしまうので、
結構強く振らないと
飛ばない設定のようです。


何度も振って
感度を確かめていたら、
「どうかされましたか?」
と販売員さん。


「あひゃ。えええと、丸くて持ちやすいし、
この振って操作するのも楽しいですよね。
えええと、16GBモデルは月末ですよね…
でも、実機が見たくて今日は、あわわわ」


と適当な事を言って、
退散しました。
必死に振る動作が、
不審者に見えたのかもしれません。


振って飛ぶ機能は楽しいのですが、
おにぎりにアジシオを振るくらいの振動で
飛んでくれると、もっと良かったです…。