エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

SooK閉鎖


編集長からのご挨拶|SooK(スーク) パソコンで読む大人のための雑誌




このお知らせ文を
読んで確信しました。


SooKは編集畑の社員が、
ある意味押し付けられて、
嫌々任されていたと。




大いなる試み

経験を生かして

新たなチャレンジ

皆様とお会いする日を楽しみにしております。




サービス閉鎖の
もっともポピュラーな定型文に加え、
メールで伝えれば良い
個人情報の取り扱いについて、
限られたスペース内で
適当にお知らせする
やる気のなさに、
またお会いできる日など
おそらく訪れないと思いました。


支配人の大家正治氏について、
ちょっと調べてみたらこんな経歴


ラピタ」低迷のてこ入れ人事で
編集長を外されて、代わりにSooKを
あてがわれたと言った所でしょうか。
(結局「ラピタ」も廃刊なのですが…。)


と言いますか、
紙のそれより難しい
Webコンテンツの制作を、
そこらへんの編集者にやらせて
上手く行くわけがないわけで、
このあたり、小学館と聞くと
出版最大手のイメージがありますが、
中の人はたいした事ないなぁと、
ある意味で勇気付けられる出来事でした。


ネット事業で
一番上手くやっている出版社って、
結局どこなんでしょうね。


“上手くやってる”の定義はさておき、
広大な砂漠の中に、
まだ誰にも拾われていない光る石が、
どこかに落ちているような気がします。


あと、小学館のトップページが
以前のカオス状態じゃなくなってて、
ちょっぴりガッカリ…。




小学館 -Shogakukan-