エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

記事のネット利用許諾


3月8日の日経新聞に、
記事のネット上での利用について、
告知分が載ってました。


いくら探しても
日経のサイトに
それらしき下りがないので、
以下に要約します。

・記事のコピーは紙と映像に限定してたが、
・これからは、デジタル媒体も可とする。
・紙、映像と同様、デジタル媒体も有料。
・デジタルデータは日経が用意したPDF。
・PDFには個別のURLが割り当てられている。
・利用者は、そのPDFにアクセスして閲覧。
・利用形態は4種類。
 (1)イントラネット経由のアクセス。
 (2)インターネット経由のアクセス。
 (3)メール経由のアクセス。
 (4)ビデオテープに代わるDVDなど。


日経各紙をコピーして配るには、
予め使用料を支払う必要があるのですが、
記事画像をスキャンして
データを配る方法は、
認められていませんでした。


それが今回、
然るべき料金を支払えば、
ネットでデータ(記事画像)を
閲覧できるようになるわけです。


ただ、問題がひとつ。


その許諾は「スポット許諾」なので、
○○新聞○月○日○面と、
限定されてしまうのです。


紙のコピー場合は、
スポット利用の他に
「定期契約」と言うコースがあって、
それを使えば、
半年間にコピーしそうな
記事の本数と枚数を
予め指定することで利用許諾を得て、
後は好きな記事をコピーできます。


つまり、
「定期契約」に基づいて
毎日丁稚が新聞を眺めて、
役立ちそうな記事を見つけて、
コピーして、せっせと
配っているような会社の場合、
今回のネット利用許諾開始は、
あまり役に立たないのです…。


と言うわけで、
許諾内容については
もう少し調査が必要ですが、
とりあえず、
とある丁稚の在宅勤務の夢は、
一瞬にして儚く消え去ったのでした。


個人的に、
日経新聞は全記事をネットで
無料公開しても、
部数にさほど影響は
無いような気がするので、
是非とも英断して頂きたい所存です。
在宅勤務のためにも…。