エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

「バガボンド」乱丁。


「バガボンド」乱丁で井上雄彦が憤慨! 「格好悪すぎ」「理解不能」


作者にも出版社にも、
そして何より読者にも
気の毒な出来事だと思うのですが、
成り行きをしっかり見守って、
二の轍を踏まないように
学ぶ事も大切だと思うのです。


そんなわけで、
こういう時に出版社は
どんな対応をするのかと思って、
調べて見ました。


バガボンド」でググる

講談社BOOK倶楽部がヒットする。

お知らせが全く見あたらないので、
講談社のサイトを見に行く。

ここにもお知らせが見あたらないので、
リリース情報を探す。

それも見つからないので、
会社案内の下かと思って見てみる。

野間佐和子って
こんな顔してたのか!(←今ここ)


乱丁対応の前に、
企業サイト運営について
学んでしまいました。