エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

「アバター」見てきました。


アバター」見てきました。
もちろん、3D版です。


普段は字幕でしか映画は見ないのですが、
ネットでの風評を見ると、
字幕にピントを合わせると目が疲れるとか、
キレイな映像に集中できないなどの意見が
多かったので、吹替版にした次第です。


案の定、主人公の声は
しっくり来なかったのですが、
シガニー・ウィーバーがいつものオバサン
だったので、往って来いでした。


で、肝心の3Dグラフィックは
さすがに素晴らしく、
奥行のある場面や高さのある場面では
相当に臨場感があります。


高所恐怖症の私は高い所から飛び降りる
場面などが出てくる度に、
慣用句的な意味でなく、手に汗握りました。


視聴には専用のメガネをかけるのですが、
これが意外に軽くて
メガネの上からもかけられるので、
映画に見入ってしまえば存在を
忘れるほどです。


ただ、なぜだか専用メガネには
少し色(グレー)が入ってて、
映像の発色が曇って見えました。


映画の途中で、時々メガネを
外してみたのですが、元の映像は
大変に鮮やかだったので、
このあたりは3D版か通常版かで、
好みが分かれると思います。


と言っても、通常版は後にDVDなどで
見られるので、劇場で見るなら3D版を
絶対にオススメします。


この3D映画は、今後も増えると思いますが、
興行収入の大きな武器になると思います。


これまでDVDで満足していた顧客を、
劇場に呼ぶことが出来るわけですから。


先日、CESで3Dテレビが
注目を集めてましたが、
やはり、ちんまりとした大きさの画面で
映像が飛び出しても面白くないので、
3Dで映画を見たい顧客は、
劇場に足を運ぶのではないでしょうか。


また、ゲームへの応用に関してですが、
私の場合、映画を見た後に若干の
めまい、吐き気、頭痛があったので、
こちらも難しい思います。


ただ、周囲でもそれらしい人は
見当たらなかったし、
それらの症状に関する館内アナウンスが
一切無かった所を見ると、
私のようなケースは規格外かもしれません。


なので、この3D映像のゲームへの応用、
やはり大いに期待して良いかと思います…。




アバター
★★★★★(星5つ)