エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

理想書店(2)

en32010-06-24



アップルの「電子書籍アプリ審査」から見る電子書籍の実情〜「iPad VS キンドル」電子版発売への紆余曲折〜


恥ずかしながら、
この本は読んでいないのですが、
iPadiPhoneで読めるなら
とりあえずダウンロードだけでも
やっておこうと思いました。


が、この理想書店の仕組みが曲者で、
結局、理想書店用のアカウントを取って、
そこから購入しなければならないのです。


なので、他にも読みたい本が
理想書店にあれば別ですが、
たった一冊のために
アカウントを作るのはイヤだったので、
ダウンロードはやめました。


このようなビューワーを配布して、
コンテンツで課金するような
電子ブックのアプリが林立してますが、
いち読者として考えれば、
電子ブックは自分の書棚を作れる所に
魅力があるわけで、
やたらめった中身がスカスカの
書棚だけが増えても煩わしいだけなのです。


なので、音楽と同様に電子ブックも
早くiBookで一元管理できるように
なれば良いなと思います。

ただ、誰しもそう願うはずのやり方に
いつまでたってもならない所を見ると、
何か事情があるのでしょうね。


iPad VS キンドル」を読めば、
それについての解説が
あるのかもしれません…。
(缶詰の中の缶切り)