エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

まだ来ません

  • メディアでは電子書籍元年などと言われ、
    • いよいよ紙の本はなくなるのかと思ったのですが、
    • なかなかなくならないので、
    • 自分から電子書籍とやらを迎えに行く事にしました。
  • 肝心の端末はと言うと、
    • 量販店で見る限り、
    • GALAXYとGALAPAGOSiPadと同じかそれ以下、
    • Readerは読みやすいのですが、
    • 3GどころかWiFiも積んでない。
    • まぁ、屋外で通信したいことなんて無さそうなので、
    • それで妥協しようかと思ったのですが、
    • なんとMac非対応。
    • なので、いちいちBoot Campするのもイヤなので、
    • やはりこれも却下。
    • となると、もう一つしか残りません。
  • そう、kindleです。
    • 思ったのですが、雑誌をそのままデジタルにする事業は
    • 流行らないと思います。
    • 誌面をそのまま見せるには大きなモニタが必要ですし、
    • カラーの画面も必要です。
    • でもそれらを備えた端末は、どれも重くて
    • とても雑誌感覚で持ち歩けるシロモノではありません。
    • 街で持ち歩いている人をほとんど見かけないのが、
    • それを物語っていると思います。
  • でも一方で雑誌の売り上げも減っている。
    • 読者は雑誌を読まなくなっているわけですが、
    • 雑誌的な情報に興味が無くなったわけではありません。
    • 雑誌的な情報が雑誌の形をしている必要が無くなっただけです。
    • 出版社は躍起になって雑誌のデジタル化を進めてますが、
    • 読者が欲しいのは雑誌的情報なので、
    • ケータイ、ウェブ等々、
    • それが雑誌の形している必要はないのです。
    • なので、昨今の雑誌の形を守ったまま
    • デジタル化して配信するビジネスは、
    • どれも成立しないでしょう。
    • 雑誌をデジタルで読めるようになるのは、
    • まだ先のようです。
  • では文庫・新書はどうか。
    • こちらは大変に現実味を帯びてきました。
    • 数年前にワーズギアと言う電子書籍端末を触った時は、
    • それはそれは失望したのですが、
    • 最近ではソニーのReaderはかなり良さそうでした。
    • ただ、通信できない、
    • 左右非対称(左利きの私は両手のどちらででも持ちたい)
    • 色がダサい、
    • 質感が嫌い、
    • Win専用、
    • など、妥協が出来ない点が多すぎたので、
    • 購入には至りませんでした。
  • 結局、電子書籍は勝者なし!です。
    • なので、だったらkindleです。
    • 発表になった時は、それはそれは魅力的に見え、
    • 早く日本でも発売にならないかと心待ちにしてたのですが、
    • 一向に発売される気配がない。
    • 本体の発売にこれだけ戸惑っているなら、
    • 電子本の発売なんて、いつになることやら…。
  • なので、米Amazonから買っちゃいました。
    • 洋書は読めませんが、
    • 電子辞書を内蔵させることでもできるので、
    • 勉強すれば良いでしょう。
    • 無料の和書もありますし、
    • RSSリーダーなど、読書以外の使い方も多そうです。
  • なにより、今円高だし。
    • kindle 3が発表された当時は、
    • 1ドル=95円くらいで、それでも円高と言われてました。
    • ところが今は82円くらいです。
    • まだ高くなるかもですが、
    • すでに送料分は余裕で値下がりしました。
    • 発注の顛末については気が向いたら書きますが、
    • 今は届くのを待っている段階です。
  • 結局、電子書籍って来ないんじゃないの?
    • なんか、昨今のそれにまつわるニュースを読んでると、
    • そんな気がして仕方ありません。
    • 既得権益を守りたい出版社、印刷所、書店が、
    • それぞれのネットワークでインフラを
    • 林立させてる様子を見てると、
    • とてもそんな気がします。
    • まぁ、これが商業主義なので仕方ないのですが、
    • 読者にしてみれば不幸な雲行きかと…。
    • なので、今は法的にかなり黒に近いグレーと言われてる、
    • スキャン代行業者ですが、
    • 業界のこんな状態が続けば、
    • パチンコ屋と景品交換所みたいな
    • 奇妙なバランスをとりながら、
    • 延々と生き延びるんじゃない?
    • なんて思ってます。