エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

土屋鞄のオイルヌメショルダー

f:id:en3:20110525095635j:image

私は鞄がかなり好きなのですが、 好きすぎて、こだわりすぎて、 欲しいと思うモノにあまり出会えないので、 それほど数は持ってません。

実はこの土屋鞄のオイルヌメショルダーは、 だいぶ前に見つけてはいたのですが、 お値段が高級すぎて選択肢から外してました。

ちなみに私の鞄に求める条件は、 大きすぎず、固くなく、 全ての部品が本革であること。

通勤使う鞄の場合、 自分のカラダの横幅より大きい鞄は 立っても座っても混んでる電車内では ジャマになります。

固い革の鞄は ゴツゴツ周りに当たって迷惑です。

それでいて雑誌を入れたいので、 小さすぎてもダメ。 幅にして30〜35センチがベスト。

部品は全て本革でないとダメ。 一部でもキャンバス地などが使われていると、 いくら革の味が出ても、 全体的にくたびれた見た目になります。

革は使い込む楽しみがありますが、 布地にはそれがありません。

あとストラップの幅も大事。 細すぎても太すぎてもダメ。

細いと食い込んで肩がこるし、 太いと重くなって肩がこります。 結局肩がこるのです。 合わないストラップは。

こんな感じで条件を絞ると、 当てはまる鞄はほとんど見つかりません。

たいした条件でないように見えますが、 本当に無いのです。これが。

なので、 またこのオイルヌメショルダーが 候補として浮上してきました。

買うのにだいぶだいぶ逡巡。 すごくすごく悩みました。

で、買っちゃったわけです。

土屋鞄のサイトにも書いてありますが、 この鞄は使い込む楽しみがあるようなので、 大切に使えば長く楽しめるかと思って。

私が欲しいと思うような鞄は この先もあまり出会えないようなので、 一つのものを大事に使うことにしました。

日々使ううちに風合いも変わるそうなので、 たまに会う友人から見れば、 毎回違う鞄に見えると思うので、 コストパフォーマンス的には 十分に償却できそうです。

また、私は服とか無頓着で 自分でも今目を閉じると 今何着てるかよく分からないくらい 興味がないのですが、 この鞄を引っ掛けていれば、 全体の平均点が上がるので、 オシャレ度アップも期待できそうです。

しばらく大事に使って、 風合いの変化を楽しみながら、 大事に使いたいと思います。

この、カボチャの皮のような緑色が どんな変化を見せるか楽しみです。