エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

「学びを結果に変えるアウトプット大全」(後半)

予定通り読み終えたので前回の続きです。

普段から引用元を集めておく

普段からニュースはチェックしているし、

気になった記事ははてブとかEvernoteに保存しているので、

これは実践できていると思います。

あとは、これらを活用するだけ…。

楽しく書く為に道具には惜しみない投資を

文房具やガジェットが好きなので、

気に入ったものはポイポイ買ってしまいます。

ちょっとの出費で幸せな気分になれるのだから、

良い投資です。

それよりも使いにくいものを、使わないともったいないからと

ガマンして使い続ける方が、よっぽど損していると思います。

とりあえず始める。5分頑張って「やる気スイッチ」オン

これも実践しています。腰が重い時はとりあえず立ち上がる!

これに尽きます。ダメだったらまた座れば良い。

これに似たハックで、何かを始める前にやる気が起きない時は

心の中で7つ数えて力を貯めて勢いをつけると言うのがあります。

確かこれに載ってたのかな。

これを知ってから、常に重い腰が少し軽くなった気がします。

トライしなければ、永久に今のまま

歳も歳なので、人生の残り時間を意識するようになって来ました。

もう今からでは実現できない事もたくさんあるのでしょう。

少しでも気になっている事は、手当たり次第とりあえず試して見たい。

そうしないと大切な何かにも出会えません。

でも頭ではわかっているのですが、行動に移せないんですよね…。

決断する。「5秒」で決める。最初に選んだ方を選ぶ

私も普段からあまり悩む方ではありません。

考えるのが面倒くさくなってしまうのです。

結果としてそれで後悔する事もあまりないので、

それはそれで正しいのかなと思っています。

人間の直感って、単なる当てずっぽうではなく

実は脳に蓄積されたデータの基づいた結論なのかもしれません。

言葉で表現する。辛さは吐き出してデトックス

人と話す機会があまりないので、

こうしてブログに書くのが関の山なのですが、

この間、増田に心情を吐露するような投稿したら

思いの外コメントが付いて少し気持ちが落ち着きました。

吐き出すだけでなく、それに反応があれば更にデトックス効果も高そうです。

完成させる。まずは30点の「完成品」を

レポートや資料作りもそうですが、まずは概要をカッチリ決めてから

隙間を埋めていくように作業した方が効率が良いです。

先程のやる気スイッチの話にも繋がりますが、

最初から山頂を見上げてしまうと、

やっと芽生えかけたやる気も消沈してしまいます。

睡眠時間は最低7時間

私の睡眠時間、平均5時間弱です。

自分でもどうにかしたいと思っています。

でも夜は一日の疲れもあって、ダラダラしてしまうんですよね…。

あと、早く寝ても5時間くらいで勝手に目が覚めてしまうと言うのもあります。

若い時にはいくらでも眠れたのですが、これも年齢ですね。

とは言え、とりあえず早寝は実践したい!

読書感想テンプレート =ビフォー+アフター(気付き&TO DO)

私は基本的に感想の乏しい人間なので、読書は好きなのに感想文は苦手です。

なので、これも参考にしようと思います。

・ビフォー 「この本を読む前の私は○○でした。」

・気付き 「この本を読んで私は、△△に気付きました。」

・TO DO 「今後、☓☓を実行して行こうと思います。

私が既に実行していたのは、村上春樹さんのアドバイス

読書感想文は本の内容は枕程度にとどめて、

後は自分の話をすれば良いと言うものでした。

感想と言うと考え込んでしまいますが、経験談的なものを含めて

時には本の内容から外れて書いたりしていると、

割と文字数は埋まるのでこれもオススメです。

情報発信の効果

いろいろあるのですが、気になったのは下記の4つ。

・文章が上達する

→言わずもがなですね。書かないと文章は上達しません。

それどころか書かないとどんどん衰えるばかりです。

・見られている緊張感

→どんなにブログやSNSで立派なことを書いていても

実行を伴わないと説得力がありません。

・人が集まる

→同じ意識・知識レベル、趣味嗜好の人と繋がるきっかけになる。

ただしこれを目指すならブログもSNSも本名プレイだよなぁ…。

一番欲しい実利だけど、リスクもあるし、うーん…。

・社内評価アップ

→これも本名プレイ前提ですね。

上司を含め社内の人に見られる前提で書くとなると

おかしな事は書けませんし、無能を露呈するような適当な事も書けません。

ただ、私が普段どんな事を考えているのか知ってもらうには

有効かつ手っ取り早いツールなので、これもリスクとトレードオフですね。

そんなわけで、自分メモとアウトプットを兼ねて

本の中から気になったトピックスを挙げて見ました。

とても売れている本なので、読んでる方も多いかと思いますが、

参考になる事がたくさん書かれていますので、ぜひチェックして見て下さい。

私もまたアウトプットに行き詰まった時には、

この本をパラパラ眺めてヒントも得ようと思っています。

(了)