エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

TENPLUS テンキー付き3つ折りモバイルキーボード 3E-BKY7-BG

 
 
それでもまだ外でタイピングしたい欲は収まっていませんでした。
 
仕事とかで必要に迫られて欲しているのではなく、
ただ単に喫茶店とかでパチパチとキーボードを叩いてみたいと言う、
「プレイ」への欲求です。
 
と言うわけで、先日iPhoneXSを購入した事もあって
iPhoneとモバイルキーボードでその欲を満たそうと考えました。
 
事前にネットで物色して気になったのが コレだったのですが、
家電量販店の店頭で確認したところキータッチがいまいち好みではなかったので、
購入に踏み切れませんでした。
 
 
そんな中、隣に鎮座していたのがこのキーボードです。
 

f:id:en3:20181007124021j:plain

 
薄くて軽い、小さいのにテンキー付き。何なんだコレは?
と言う事で、すごく気になったのですが
とりあえずその日は出直して、ネットでの評判を見てから
購入を検討する事にしました。    
 
ところが、型番でググってもレビューが出てこないw
Amazonにもない、価格.comにもない、ヨドバシにもビックカメラにもない。
ますます謎は深まるばかりです。
 
なので、ここは自分が人柱となってレビューを書いて、
ネットの海にボトルメールの如く流してみようと思い、
購入に踏み切ったわけです。    
 
 

外観 

テンキーまで付いているのに、薄くて軽くて小さい。
折り畳むとiPhoneXSより一回り大きいくらいの文庫本サイズです。
 
アルミっぽい質感で指紋も付かず、
私が買ったGRAYはMacBookの外観に近いです。
 
傷は付きやすいかもしれませんが、
しっかりした作り且つスマートなデザインのカバーが付属しているので、
丁寧に扱えば大丈夫でしょう。
 
折りたたみの機構もしっかりしていて、
タイピングしてもグラグラするような事もなく安定しています。
 
 

タイピング

コンパクトな割に意外と打ちやすく、ストレスはほとんどありません。
 
ただ、タイポしやすいのは「backspace」と「ー(長音)」です。
「backspace」は小さめなので、その上の「delete」を押してしまうのと、
「ー」はその右隣の「=」を押してしまう事が多いです。
 
「backspace」はだいぶ慣れてタイポも減りましたが、「ー」はまだ目視して薬指でおしています。(慣れたキーボードだと見ないで小指で押せてた)
 
あとは記号類の配置がちょっと変わっているので、カギカッコなどもその都度目視して押している感じですが、それほど頻出しないので問題はありません。
 
打鍵音についても特に普通で、静かな喫茶店で使っていても
特に迷惑にはならないでしょう。
キーストロークは見た目の通り浅めですが、ノートPCと同じくらいなので
特に打ちにくいと言う事もありません。
 
 

Bluetooth接続

最初の簡単な設定だけ済ませて置けば、
後は折り畳まれているキーボードを開いた瞬間に繋がります。ストレスはゼロです。
 
3台の機器を予め設定して置けるので、私はiPhoneiPadPS4を設定しました。
家の中でもモバイルの恩恵を受けています。
 
↓接続の様子を動画にしましたので、ご参考までに。
 
 
  

バッテリー

マニュアルによれば2時間の充電で30時間使えるそうです。充電はmicro USBです。
出先で充電が切れた時に乾電池のようにすぐ対応できないのが少々不便ですが、
モバイルバッテリーを併用すれば大丈夫でしょう。
 
ちなみにバッテリー残量の確認方法が少々変わっていて、
確認のショートカットキーを押して点滅すLEDの点滅回数で判断します。
 
1回の点灯で25%を示すので、
2回灯れば50%、3回灯れば75%、4回灯ればフル充電だそうです。
面白いけど分かりにくいw
 
 

付属品

専用カバーとmicro USBケーブルが付属しています。
この専用カバーがなかなかのスグレモノで、スマホスタンドにもなります。
 
角度も段階的に調節できるので、
別途スマホスタンドを持ち歩く必要はなさそうです。
 
ただ、この専用カバーがキーボード本体に近いくらいの重さなので、
取り付けると気になるかもしれません。これは堅牢性とトレードオフですね。
とことん持ち物の軽量化に拘る方は、割り切って裸族になるのもありだと思います。
 

f:id:en3:20181007124134j:plain

 

総評

と言うわけで、各項目について簡単な感想を述べましたが、
結論としてはこの3E-BKY7-BG、間違いなく“買い”です。
何でネットで空気扱いされているのかサッパリ理解できません。
 
私はモバイルキーボードを探していて、しっくりくるのが無く、
半ば普通のキーボードを持ち歩く事も考えていました。
 
今回はたまたま店頭で出会えましたが、
それが無ければ今頃は普通のキーボードを持ち歩いていたかもしれません。
 
ちなみにこのエントリーの下書きは、
動作チェックも兼ねて3E-BKY7-BGで書きました。
普段使っているMacBookと比較しても、ほとんど打つ速さは変わりませんでした。
 
気になった方は家電量販店で展示している所もあるので、
是非チェックしてみて下さい。きっと気に入って頂けると思います。
 
 
(了)