エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

ポメラ買うならChromebookにしなさい

ポメラ、甘美な耳障りのする言葉である。

うーん、持ち歩いている人見ると何だかカッコイイぞ。

使うかどうかわからないけど、取り敢えず買ってみるか。

そんな気持ちになる人も多いだろう。私もそうだった。

でも、ちょっと待って欲しい。

Chromebookと言う超優れた伏兵がいる事を知ってほしい。

しかもポメラと同じくらいの価格で買えるんだ。

ポメラを買おうか逡巡して「ポメラ」でググって

このブログに辿りついた君はとても幸運だ。

なぜなら、ポメラの数倍の満足感を得られる

Chromebookと出会えるんだからね。

今日日、ノートPCどころスマホでも何でもできる時代にあえてのポメラ

文豪が万年筆と原稿用紙に拘るようなイメージに似て、

所有している人を見ると特別扱いしてしまいそうになる。

私もポメラを所有していた時期があった、一瞬だけだが。

過去にDM30と言うモデルを買った事がある。

電子ペーパーを搭載した、なかなか個性的な仕様である。

前々からポメラが気になっていたのと、

電子ペーパーが好きなのとが手伝って、

使うかどうかは分からないが取り敢えず買った。

そして1ヶ月くらいでメルカリした。

理由は電子ペーパーによる表示の遅延もあるが、

やはり使いみちが限りなく少ないのだ。

そして気が付いた、ああ私はポメラを使いたいんじゃなくて

ポメラを持っている人になりたかっただけなのだと。

しかし、あえなくメルカリしたせいで

再びポメラを持っていない人に成り下がってしまった。

それなのにポメラを持っている人になりたい欲が再びムクムクと復活してきた。

使いみちが無いってDM30で学習したはずなのに。

ポメラ恐ろしい子

そんなわけで、DM30で失敗した私はDM200に興味を持ち始めた。

へぇ〜 Bluetoothキーボードにもなるんだ。

Wi-Fiからテキストデータを送れるんだ。

DM200を買って良い理由を探すのに余念がない私。

会社帰りにも家電量販店へ何度も足を運び、

打鍵感などをチェックする。

「キータッチは合格かな」なんて展示機に打ち込んだりする。

そして、買いたいマグマが火口付近まで充填され、

買っちゃえ噴火する直前に、ノートPCコーナーに展示されていた

Chromebookと出会ってしまったのだ。

買ったChromebookは C100PA って機種です。

なんか1年前に発売されていたらしい。知らなかった。

キータッチを確かめると、

ポメラDM200よりストロークが深くてなんとも気持ちいい。

いいなぁこれ。てっか買うならむしろコッチなのでは?

Chromebookはオフライン環境だと出来る事に限りがあるのですが、

もともとテキスト入力しか出来ないポメラを買うつもりでしたから、

全く問題にはなりません。

ポメラの利点として、テキスト入力しかできないから

作業に集中できるって言う人いるじゃないですか。

そんなものは使う人の意思の固さ次第なわけで、

作業に集中できる人は周りに何があっても集中できます。

ポメラ使ってる人だって、横に置いたスマホに目が行けば

手にとっていじり始めるに決っているのです。

そんなわけで、私のポメラ購入はすんでの所で

C100PAに阻止されて敢え無く未遂となったわけです。

恐らく買ってたらまたメルカリしてたでしょう。危なかった。

今この文章もC100PAで打ってます。

私はMacBookも持ってますが、それより数倍打ちやすい。

ChromeOSは一部のAndroidアプリも使えますから、

Evernoteやkeepやブログ投稿アプリなど

テキストを扱うのに便利な環境が整ってます。

作業に集中する自信がなければ、

不要なアプリは入れなければ良いのです。

ポメラを買おうとしている人、

買う前にChromebookも候補に入れてみて欲しい。

あなたがポメラに求める利点をほぼクリアしながらも、

その何倍もの満足感を与えてくれるから。