エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

2020年を振り返る

あまり過去を振り返ることは好きでは無いのですが、
元旦と言うことで年始の抱負を語る前に
まずは2020年を振り返ってみようと思います。

2020年は最初から既にコロナの足音が近づいてきて、
4月からは緊急事態宣言や在宅勤務などがあり、
いよいよ本格的に生活を脅かすようになってきました。

コロナのおかげで大変な目に遭っている人がたくさんいると思いますが、
私個人としてはコロナによる在宅勤務などで、とても助けられた1年でした。

今年の初め頃はまだ仕事で色々と問題を抱えていて、
いつも辞めたいとか思っていました。

特に人間関係もうまくいかず、孤立はしていないですが頼れる人もいない、
なんとも仕事をしていて 張り合いのない、疲れるだけの日々を送っていました。

4月に在宅勤務が始まりました。
当時はせいぜいゴールデンウィーク明けには終わるだろうと思っていたのですが、
フタを開けてみれば、年内いっぱい在宅勤務となりました。

在宅勤務のおかげでコミュニケーションの取り方はガラリと変わりました。
対面で行っていたコミニケーションは全てメール、チャット、オンライン会議です。

それらを経由してのコミニケーションは、
余計な個性や感情などを全て排除された必要な情報の交換のみです。

おかげでそれによって私はだいぶ助けられました。

愛想笑いをする必要もなければ、オフィスで仕事している最中も
常に周囲に目を向け、耳を傾け、神経をすり減らしながら働くことも
不必要となったのです。

メールやチャットでのコミュニケーションは紋切り型のやりとりで充分です。
たまにびっくりマークやかわいいスタンプをつけてやれば、
十分コミュニケーションを維持することができます。

今まで頭痛や不眠に悩んでいたのですが、おかげでだいぶ軽減されました。

それらのコミュニケーションの余計な贅肉を削ぎ落とすことで見えてきたのが、
やはり仕事の本質ややり方だと思います。

以前からずっと上司から言われるのですが、
いつも能動的・自発的・リーダーシップなんてことを要求されます。

それらを発揮するにはどうしたらいいのか、
そんなことにも神経を使えるように余裕が出てきました。
まだ実現したわけではありませんが、考える時間だけが増えました。

そして、これまでの通勤してオフィスで働くことが
どれだけ無駄だったかと言うこともとても理解できました。

往復の通勤、会社での茶番劇、全て無駄です。
なくてよかったものです。実際なくても仕事が維持されてます。

通勤がなくなって時間に余裕ができたおかげで、
今までやったことないことにも少しずつ挑戦しています。

ブログ、親指シフト入力、音声入力、電子書籍の自炊、筋トレ、料理、瞑想…
どれもこれまでの忙しい日々では全くできなかったことです。
これらに取り組む時間ができて、私は人生を取り戻したような気がしました。

そして、自分と向き合う時間も増えました。
両親の仏壇に手を合わせる時にもよく話をするようになりました。

このままでいいのかな、
でもこれも人生の形だよね、
1人はちょっと寂しいけど今とっても楽ちん。

ただ普通に毎日過ごすことが、これほど困難なこととは思ってもいませんでしたが
おかげで毎日日々のありがたさを実感できるのは幸せです。
ものすごいスピードで過ぎ去って行く時間の一瞬一瞬がいとおしいです。

そんなわけで、2020年は自分と向き合う時間のできた、
とっても有意義な一年でした。
自分の人生で節目となった年の1つであることは間違いありません。

在宅勤務のおかげで空いた時間を無駄にすることなく自分や仕事と向き合って、
もうだいぶ歳をとってしまったのですが、
それでもまだ少しだけ成長できる可能性を信じて、
日々の精進を怠らないようにします。