エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

自分で判断できる知識が欲しい

f:id:en3:20191010184913j:plain

 

今日は改めて自分の資産を再確認しました。

 

資産と言っても、まったく大した額ではありませんが、

それなりに分散して管理していたので、

調べ始めるとなかなか面倒なのです。

 

複数のネットバンキングを利用していたのですが、

まずパスワードが分からない(苦笑

 

数回入力に失敗し、一定時間の遮断されるなど苦労しながら、

何とか記憶にある限りの全口座を確認できました。

中には前回のログインが一昨年の口座もあったり…。

 

しかも資産のほとんどは普通預金

せめて定期預金にすれば良いのですが、金利がほとんど変わらないので、

流動性を重視して普通預金に放置していました。

 

放置するなら流動性を持たせる意味もないのですが、

それほど私はお金に無頓着だと言うことなのです。

 

一応、NISAや投資信託も遊び程度でやってますが、

金融の基礎知識が欠如しているので、何となくやってる感じです。

こんな私がFIREして資産運用で暮らす事なんてできるのでしょうか…。

 

昨日に続いて、今日もこの方の動画を見てしまいました。

 

youtu.be

 

ばっちりFIREについて語っておられます。

そして投資信託については否定的な意見を述べられていました。

 

FIRE後の運用でまず挙げられるのが投資信託だと思うのですが、

この方によると、近いうちに目減りするそうです。

 

話によると、現在投資信託が上手く行ってるのは

日銀が買い支えしているからで、それもいずれ無くなるとの事。

 

また、銀行はだいたい3%前後の利子でお金を貸してくれるらしく、

これは投資信託で4%運用が不可能である事の証左だそうです。

(もし可能なら銀行は顧客に貸すより、投資信託を買い集める)

 

この意見についてはいろいろコメント欄に投稿があり、

一概にこの方の意見が正しいわけでは無さそうですが、

投資信託を否定する意見を聞いたのが始めてだったので驚きました。

 

私はこの方の言っている事が正しいか間違っているかには、

実はあまり興味がありません。

 

それよりも、これらの情報を自分で判断できる

知識を身に付けたいと切実に思いました。

 

日銀が投資信託を買い支えしているなら、

その情報はどこから得られるのか。

銀行が3%の利息で貸し出しているのは本当か。

 

こらら情報のエビデンスはどこにあるのでしょう。

ググれば出てくるのでしょうか。

 

少なくとも、ネットバンキングのログインに

四苦八苦している私にはFIREなんて夢のまた夢…。

 

とは言え、今日もFIREの可能性を模索しつつ、

あれこれ情報収集を続けているのでした。