エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

「図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」

f:id:en3:20210513211351j:plain

 

山崎元氏の本は他にも「ほったらかし投資術」を

読んだことがあって、とても面白かったのですが、

この本も、まさに私に必要な本でした。

 

習い事は何でもそうですが、先生との相性も重要な要素です。

その点では私の場合は山崎元氏と相性が良いように感じました。

 

Kindle Unlimitedで一気読みしてしまったので、

読書メモとして以下に要点を列記します。

 

  • 今の貯金を「当面の生活費」「安全資産」「リスク運用資産」に分ける
  • リスク運用資産は勝って5%、負けたら1/3になる可能性がある
  • 単利ではなく複利を選ぶ
  • 外貨預金には手を出さない(手数料が高すぎる)
  • FXもREITも金も手を出さない
  • 不動産にも手を出さない(投資も購入も)
  • 安全資産は個人向け国債「変動10年型」を買う
  • NISAをフル活用
  • 確定拠出年金もフル活用
  • リスク運用資産は「上場インデックスファンドTOPIX
    「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を半分ずつ買う
  • アクティブファンドには手を出さない
  • お金に余裕が出来て買い増す時は、
    国内と海外インデックスファンドが半々になるように調整
  • ハイリスクハイリターンに挑戦するなら新興国インデックスファンド
  • 結局は労働
  • 自分自身の人的資本を大きくするのは安全で効率的な投資
  • スキルを身に付けてどんな状況でも働く術を持っている事が最大の保険

 

最後の3つは耳が痛いですが。(苦笑

なかなか分かりやすくて、これなら始められそうと言う

気持ちにさせてくれます。

 

とりあえず、このポイントに従って

自分の資産運用の基本を考えて見たいと思います。

 

FIREの情報を集めてて感じたのが、

FIREするための資金作りは、

FIRE後の資産運用に直結すると言うこと。

 

例えば、ある日突然FIREできるお金が手に入っても、

それを運用するノウハウが身についていなければ、

あっと言う間に溶かしてしまう可能性が高いのです。

 

FIREに向けてコツコツお金を貯めた人は、

ノウハウも同時に溜まっているからこそ、

FIRE後も資産運用で暮らせるのです。

 

そんなわけで、これからも基礎的な本から

コツコツ学んで行こうと思いました。