エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

今週のお題「やる気が出ない」

f:id:en3:20210514202345j:plain

 

今週のお題「やる気が出ない」

 

 

私の場合、仕事に関して言えば、

やる気が出ないと言うより、やる気がないと言う方が

しっくり来るかもしれませんが。(苦笑

 

これは良い事なのか悪い事なのか分かりませんが、

自分の時間が増えたおかげで、仕事や会社について

俯瞰で考えてしまえるようになりました。

 

今までは平日は仕事で言う間に終わり、

週末はダラダラして終わってしまい、

また月曜日が始まるの繰り返しでした。

 

ところが、去年から始まったテレワークによって、

ふと考える時間が増え、冷静に自分の現在や

今後を見つめ直す事が多くなりました。

 

そうすると頭をもたげて来るのが、

このままで良いのかと言う不安です。

 

若ければ新しい事に挑戦するのでしょうけど、

人生とっくに折り返している身としては、

なかなか簡単ではありません。

 

ただ、若くない分、先を見通す事はできます。

過去の経験もありますし、

見通すべき先の長さも若者より短いですし。

 

最近、FIREに興味を示しているのも

まさしくそれが理由です。

会社を離れて生きていけるのか、つい考えてしまいます。

 

でも、ここで良くないのが

まだ決断した訳ではないので、今ある仕事に対する

モチベーションだけ下がってしまう事。

 

FIREを決断したなら良いのですが、

そうでないなら、ただただやる気だけが無くなるだけで、

より一層の不安に苛まれるだけです。

 

FIREへのモチベーションの上昇率より、

仕事へのやる気の下降率の方が断然ペースが早い。

これって、結局逃げたいだけだったのかも?

そんな風に感じる事も。

 

これで仕事が楽しければ良いのですが、

どうも、そうではないのが残念な所です。

 

良い意味でも悪い意味でも、

自分の適正や能力が自覚できてしまっていると、

仕事に関して達観できてしまうのです。

 

なので、主体的に とか 意欲を持って とか

よく言われるのですが、それら自発的な感情は

自ら奮い立たせて発するものではないので、とても困ります。

 

やる気が出ないと言う言い方は、潜在的には

どこかにやる気があるような印象ですが、

それすら怪しいので、やる気がない のです。(苦笑

 

はて、困りました。周りにも迷惑掛けてしまうし。

これは、5月病と言うよりテレワーク病ですね。

 

世の中にも、同じような心理状態の方が

きっといるのではないでしょうか。

 

決断するならさっさとする、

決断しないならきちんと頑張る、

どっちかにしないと!

 

今週のお題に重い話題でスミマセン(苦笑