エンさんNote

テレワークとFIREの間で天涯孤独のアラフィフおじさんが日々考えた事や勉強した事を書きます

仮面FIREを勝ち取った私

f:id:en3:20190521134503j:plain

 

 

私は社歴だけは長く良い歳なので、

マネジメント能力を求められ続けていました。

仕事するのではなく、仕事を作れる人間になれと。

 

でも、私は自分でもなぜだか分かりませんが、

本当に人を動かすのが苦手でものすごくストレスなのです。

小さなお願い事ひとつするのにも逡巡します。

まだ人から指示される方がマシ。

 

もちろん、人からの指示で不快な気持ちになったり、

もっとこうすれば良いのになどと思う事もあります。

 

そんな時は人を動かす仕事はバカに任せておこう

などと捉えてスルーです。

 

そんなわけで、先日も会社の面談でマネジメントスキルが

一向に見についていない事を咎められ降格されました。

 

面談の中で私は自身の至らなさを上司に謝り通してましたが、

内心ホッとしてました。ようやく諦めてくれたかと。

 

ついでに勤務時間の長さも咎められたのですが、

これについてはウェルカムで、

今では堂々と定時に上がっています。

 

本来なら会社員をやっているなら、

昇進や責任ある仕事に付きたいと思うのが普通でしょう。

でも、私にはそれが全く理解できないのです。

 

なんせ、人を動かすのが大の苦手ですから、

部下なんて付いた日にはストレスMAXです。

ぶっちゃけ、同僚の存在ですらストレス。

 

でも世の中には昇進できない事や責任ある仕事に就けない事を

不満に思う人が少なくないようです。

責任なんて無い方が良いに決まってませんか?

 

おそらくは、結局お金なのだと思います。

高いお給料が貰いたいから昇進したいわけです。

 

だとすれば、ますます私には昇進を目指す理由がありません。

天涯孤独の身ですし、日々の暮らしは質素なのでお金がかかりません。

 

大きな買い物と言えば数年に一度買い換えるApple製品くらい。

普通に暮らしてると安い給料でも余してしまうのです。

 

資産についてもいつでもFIREできるほどですから、

これ以上お給料を高くする理由がありません。

 

なので、降格については私に取って渡りに船なのでした。

 

でも、それを態度に表すと、また上司のパワハラ

火に油を注ぐ状態になってしまうので、

面談の中では反省して落ち込んでいるフリをしていました。

 

パワハラが生きがいの上司としては、

さぞかしご満悦だった事でしょう。

 

でも、俯瞰で見ればどっちが恵まれてるか分かりませんね。

人の数だけ満足の形があります。